職場風土改善セミナー「好きなことをして生きたい」 医療介護福祉に専門特化人材育成経営コンサルティング 北海道千歳 札幌 社会保険労務士

好きなことをして
生きていきたい
bsANJ16040350IMG_0846

From おいかわすすむ 千歳某ハンバーガーショップより

 

先日、あるイベントでショートセミナーをさせて頂きました。

 

仕事も

プライベートも

何もかも、好きなことを、

楽しいことをして生きたい!

 

誰もが思う究極な状態。

あなたは究極な状態に近づく方法を知っていますか?

 

「わたしは知っています。」

 

この方法で、好きなことに囲まれ始めています。

 

とっても簡単な方法です。

 

だれでも出来る方法があります。

 

その前に、特に介護系事業所での離職の問題について少し記述したいと思います。

 

自分はこの偏見を変えたいと思っているんです。

介護の3K + 1K

1K キツイ

2K キケン

3K キタナイ

+1K 給料が安い

 

まず、この偏見やめましょう。

改善しましょう。

 

そうです。

それは未来のあなたの為です。

もし、介護サービスを利用される時、そんな偏見の目で見られては、きっとあなたにやさしいサービスは提供されないでしょう。。。

 


偏見とは(世界大百科事典第2版より)
事実上の根拠なく,対象に対してもつ,なかば固定した意見。人それぞれ,生きてゆくうえで,そういうかたよった意見をもつ。強い偏見は,それをもつ人の人生に活力をあたえる。偏見のない人生は,無気力な人生であろう。いかなる情熱も,たとえば〈恋愛〉をとってみても,その対象をあるがままに見すえることをむずかしくする。しかし,重大な困難は,偏見が,対象についての情報を刻々新しく得て軌道修正を行うことを不可能にしてしまうときにおこる。

 

このまま、偏見が強くなると軌道修正ができなくなってしまいます。

 

ただし、どうしても、そのような状態に陥っている事業所があるのも事実です。

ある工夫をすれば、必ず良くなります。

 

 

いま、介護の現場では管理者、スタッフのモチベーションアップがポイントの一つになっています。

 

 

知っていますか?

 

スタッフのモチベーションアップの一番は?

 

給料のUPが一番のモチベーションではないという事実が判明されました。

 

上位ランキングは

・自由な裁量権、

・承認されること、

・社会貢献している自分、

・人間関係環境の向上がランクインされています。

 

そして、給料のUPという項目は下位項目です。

つまり、介護施設の魅力UP解消の要因は【現場風土の改善】がキーになります。

しかも、金銭的インセンティブが必ずしも必要ではないという事実があります。

 

未来は明るいです。

 

著書:Brain Scripts For Sale Success(Drew Eric Whitman)では

人間の生命の8つの力として生まれあガラに備わっている8つの基本的欲求があります。

マズローの要求ピラミッドよりもっと人間味あふれる表現の8つの欲求。

これをLifeForce-8と呼びます。

 

1 生き残り 人生を楽しみ 長生きしたい

2 食べ物 飲み物を味わいたい

3 恐怖 痛み 危険を免れたい

4 恋愛活動の充実を求めたい

5 快適に暮らしたい

6 他人に優り 世の中に後れを取りたくない

7 愛する人を気遣い 守りたい

8 社会的に認められたい

 

つまりこの欲求の項目を満たされたいのが原始的人間の行動なのです。

 

生活は、プライベートな時間と

ワークタイムに分かれます。

 

あなたのそれぞれの時間に脅かされている項目がありますか?

 

馴染まない項目もあると思いますが。

 

さて、冒頭の「好きなことをして生きたい」ですが、どうすればできるのでしょうか?

それは、ある一つの行動を意識すれば、おのずとあなたは好きなものに囲まれます。

 

 

それは、

「あなたの好きなこと、好きなものを伝えること」

しかも好意的な態度、環境でいうことでその効果はグーンと高まります。

13043345_870822636397831_2154667225009101652_n

 あなたが発した、

 あなたの好きコマンドは誰かに入力されて、

 あなたのもとへ誰かが

 あなたの好きをきっと届けてくれます。

 

あなたの好きを引き寄せる法則です。

 

13015373_870822839731144_2850812795764015228_n
経験ないですか?

誰かの好物を知っているあなたは、

その好物を目の前にすると教えてあげたり、

その人を思い出したり、プレゼントしたり。

 

あなたの好きを発信しましょう!

Love is the message

 

好きな仕事、好きな業務、好きな人、好きな上司、好きなスタッフ、好きなお客さん、好きな食べ物、好きな飲み物、好きな趣味、好き、好き、好き・・・・

 

ただし、注意があります。

嫌いなことは控えましょう。

 

この法則を上手に使うためには、嫌いなことをいう数を減らすことです。

あまり嫌いを連発しては、あなたの魅力の低下させてしまいます。

 

嫌い1つに好き3つ!

 

これは、わたしの経験。
嫌い1つに好き3つ以上のパワーを放ちましょう。
13010646_870822689731159_2189309073109191934_n

 

職場風土を改善するのにみんなの好きを集めてみてはいかがでしょうか?

 

当事務所では、職場の風土改善を全力でサポートしております。

 

人間関係の改善はスタッフの職場定着。

好きを認めて承認されるとうれしくなり職場定着。

いいこと尽くめです。

13006630_870823143064447_430469152695876709_n

是非、お任せください。

サービスお問い合わせはこちらから
http://medicarelink-chitose.com/charge1.html

http://medicarelink-chitose.com/contact.html

お待ちしております。

医療機関の産業医

m015-333

社会保険労務士らしい投稿もと思い、ちょくちょくブログに綴ります。

ニュース記事なので、わたしのコメントは控えますね。。。

 

【法人代表者が産業医を兼務することを禁止】

厚生労働省労働政策審議会安全衛生分科会は3月8日、労働安全衛生規則の一部を改正する省令案を妥当と答申した。

産業医の選任について一定の制限を設ける内容。

現行の産業医は医師から選任するとされ役職等に制限はないが、医師であっても企業の代表取締役や医療法人の理事長など事業経営の利益を統括管理する者の場合は、自らの事業場の産業医を兼務することを禁止する。

労働者の健康管理よりも事業経営上の利益を優先し、産業医としての職務が適切に遂行されないおそれが考えられるため。

平成29年4月1日の施行予定。

 

l_198
【外国人介護福祉士受け入れ拡大で大筋合意】

厚生労働省の外国人介護人材受け入れのあり方に関する検討会は3月7日、経済連携協定EPAに基づく外国人介護福祉士候補者のさらなる受け入れ促進等に向けた報告書を取りまとめた。

候補者の受け入れ対象施設について、定員30名以上の特定施設入居者生活介護(外部サービス利用型を除く)など拡大するほか、候補者が資格を取得した後の就労範囲も必要な措置を講じることを前提に訪問系サービスへの拡大が認められた。

なお、いつような措置については、同検討会で引き続き検討していく。

 

byouin_and_anb

【地域包括ケア元年 平成28年度診療報酬改定】

本体改定率0.49%

地域の病院の経営状態の悪化や医療・介護・福祉従事者の賃金が低いなかでアベノミクスの成果を現場に反映させたい一方で、28年度の社会保障関係費の伸びを6700億円から5000億円に圧縮することが求められ、消費税の先送りで財源がなくなったことで、ぎりぎりの水準になったと同省は説明。

地域包括ケア元年と位置付け、地域包括ケアシステムの指針と医療機能の分化、強化、連携をさらに一歩進めるものとしている。

 

さてさて、皆様どうお読みになりましたか?

 

当事務所へのお問い合わせはこちらから

http://medicarelink-chitose.com/contact.html

The link

サービス案内 パンフレットができました。医療介護福祉に専門特化 人材管理育成経営マネジメントコンサルティング 北海道千歳市 札幌 社会保険労務士

サービス案内パンフレット

いつもお世話になっております。

ようやくできました。

パンフレット。

4月1日にオープンしましたが、なかなか上手に進まないものですね。

当事務所のUSPやサービスをとことん、マーケットリサーチして、

言葉に、ホームページにパンフレットに形にしていく作業。

全部手作りで、見栄え悪いですが、なんとかできました。

これで、どんどん北海道内、営業活動にまわります!

 

もし当事務所に興味がある方は、是非、ご利用、ご活用ください!

以下よりダウンロードできます。

pamphlet

 

そして、こちらからもお問合せ受付ております。

http://medicarelink-chitose.com/contact.html

事業
戦略・運営実行プランパック サービス案内ページ
http://medicarelink-chitose.com/charge1.html

サービス案内パンフレット2

今なら、ホームページ割引、開店セール割引をご利用できます。

是非、この機会お見逃しなく!

福祉と医療に特化 及川進さん社労士事務所設立 メディケアリンク千歳

許可を得て・・・

Fromおいかわすすむ 千歳桂木MCLより

 

いつもお世話になっております千歳民報さんに取材して頂き、
「じゃーん!」新聞に大きく載りました!
s_DSC_2397

ありがとうございます。

 

皆様のご期待に応えれるよう、これからもこの先も日々精進してまいります。

末永くよろしくお願い致します。

 

The chitose Mimpo
千歳民報 
2016年(平成28年)4月13日水曜日

福祉と医療に特化

及川進さん
社労士事務所設立

メディケアリンク千歳

 千歳市内で活動する社会保険労務士及川進さん(36)が、介護と医療に特化した社会保険労務士事務所メディケアリンク千歳(市内桂木2)を立ち上げた。病院や福祉事業所のコンサルティング業務や人材育成に取り組む考えで、「病院や事業所を元気にすることで、地域を元気にしたい」と抱負を語る。

人材育成 地域元気に

 同事務所は病院や福祉事業所を対象に、介護・医療報酬や制度に関するアドバイス、人材育成・管理、経営戦略などのコンサルティング業務を行う。活動範囲は道内全域。施設で人が育ち、定着するような組織の運営体制構築に携わる。

 社労士にほかにも社会福祉士や介護支援専門員の資格を持つ及川さん。北海道医療大学医療福祉学科を卒業後、道内の障害者福祉施設で2年半、千歳市内の病院でソーシャルワーカーとして10年務めた。

 病院勤務では介護老人保健施設の運営適正化や回復期リハビリテーション病棟の立ち上げなどに携わり、市内の医療、福祉関係者でつくる「ちとせの介護医療連携の会」の事務局長も務める。
 
 社会保険労務士の業務は一般的に企業の人事・労務管理、社会保険に関する書類作成などの事務手続きなどが中心で、病院や福祉事務所とは無関係と思われがち。
 
 現場の経験を持つ及川さんは、病院や福祉事業所にも人材育成・管理や経営戦略コンサルティングが必要であり「一つ一つの病院や市施設が活性化すれば、(住み慣れた地域で医療、介護、生活支援が一体的に提供される)地域包括ケアシステムの構築に向けた歩みが進む」と、2013年11月に社労士の資格を取得。資格と経験を活かすため事務所を立ち上げた。
 
 今後はインターネットで情報発信しながら、病院や福祉施設の経営管理に携わる。
経営者、管理者をサポートして、スタッフのコミュニケーションの促進や学習意欲の向上にも取り組む考えで、「介護、医療のスタッフは1人ひとりがまちを元気にするスター。現場から元気なまちづくりをしていきたい」としている。

 

お問い合わせはこちらから↓↓↓

http://medicarelink-chitose.com/contact.html


ホームページはこちらから(80%稼働)↓↓↓
http://medicarelink-chitose.com/concept.html


よくある質問はこちらから↓↓↓
http://medicarelink-chitose.com/qa.html


お気軽にご連絡下さい。おまちしております!

 

目標設定 戦略作成が難しい 医療介護福祉に専門特化 人材管理育成 経営マネジメントコンサルティング 北海道千歳市 札幌 社労士

人それぞれ得意な事、苦手な事、それぞれの人生や夢や目標があります。
だけど全員が同じではありません。

さて、どうやったら同じベクトルに向くことができるのでしょうか?




会議やミーティングがうまくいく管理職 リーダーがもつべきスキルとは 医療介護福祉に専門特化 人材管理育成 経営マネジメントコンサルティング 北海道千歳市 札幌 社労士

会議やミーティング、時に重要な経営指示がなかなかスタッフに伝わらない、思うように行動が…
なんてことありませんか?
アメリカの大衆行動マーケティングがヒントをくれました。

おいかわの音声レポートです。