遅ればせながら・・・

未分類
DSC_2009

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
事務の及川(嫁)です。(嫁)が家族に不評なのでどうしようか悩んでましたが、決まらないまま年を越してしまいました。。。

11月半ばに闘病を開始した母が、それからわずか1か月で他界してしまい、
昨日最初の月命日を迎えました。ものすごく時間が経ってしまった気がするけれど、四十九日もまだだったんだと、違う意味で驚きました。
母の希望で家族葬というかたちをとりましたが、体調を崩してから亡くなるまでの期間が急すぎた分、最期の時間をゆっくり過ごせてよかった半面、母のお友達の中には最期会いたかったという方もいらっしゃったのでそこは申し訳なく・・・
私自身の友人でも、母のことを覚えていてくれてメールをもらったり、たくさんの人から支えられていることを改めて実感しました。
あまり振り返ると悲しくなってしまうのでこの辺にしておきますが、仕事があることで気持ちが切り換えられている部分も大きいので、あらためて当事務所にかかわってくださっている皆様へも感謝です。

母の葬儀がひと段落した後、主人の実家へも帰省してきました。
お墓を建てるときは「開眼供養」というのをするんですね。
そしてこれはご先祖にとっても「喜ばしい」儀式だそうで、かかわりのあるご先祖がたくさん集まってきて喜んでいますよ、とお坊さんがおっしゃってました。なかなか奥の深い話で、お墓に対する考え方がちょっと変わりました。
母が生きているときに一緒に来たかったのは叶わなかったけど、来てくれていたらいいなと思いながら、ありがたくお話を聞いてきました。

最初の写真は、帰省最終日に連れて行ってもらった相模湖です。
そんなに大きいわけでもない普通の観覧車からの、意外な絶景。
甥っ子たちもいたので高所恐怖症の社労士とは別ゴンドラに乗ったのですが、それでも聞こえてくる絶叫…(笑) ジェットコースターより観覧車の方が怖いらしいです。
強風で怖さ倍増。
降りたら、強風で運行停止になってました。私はそれを知ってからの方が怖かったですw

とりとめのない話になってしまいましたが、長女は14日に3学期スタート、次女も明日からスタートで、当事務所のママたちも冬休みモードがひと段落です。
大雪続きで、通勤時の交通障害での遅刻やテレワークに関するお悩みも増えているようです。気になることがありましたら、お気軽にご連絡ください。

コメント