通勤災害 駐車場編~

未分類

こんにちは。
事務の竹島です。
札幌は、雪解けが進んでいて、中道の道路状況があまり良くない、今日この頃です。
さて、そんな中、通勤災害でのこんな場合は?を取り上げてみたいと思います。
まず、労災の通勤災害の「通勤」とは、住居就業の場所との間を合理的な経路および方法により往復することをいいます。

自宅駐車場でのケガを、事例Q&Aで考えていきたいと思います。

Q:自宅(戸建て)の駐車場で滑って転び、足の骨を折ってしまいました。通勤災害となりますか?

A:自宅が戸建ての場合は、敷地や門が通勤の境になります。駐車場が自宅の敷地内にあれば、この場合の駐車場でのけがは住居内でのけがになります。

一軒家敷地内の車庫内でけがをした本事例では、通勤前の負傷と考えられることから、業務外(通勤災害とはならない)と判断される可能性が高いと思われます。
また、マンションやアパート等の集合住宅については、自室のドアまでが、住居であり、階段やエレベーターなどの移動は通勤となります。
よって、マンションやアパート等の集合住宅の駐車場での災害は通勤災害となります。
会社の敷地内に入った時点で通勤は終了となります。

例えば、出勤の際に会社の敷地内に入った後に転倒して負傷してしまった事例では、会社の敷地の境目をまたいだ時点で通勤が終了して事業主の管理下に入った後の災害と考えられますので、通勤災害ではなく業務災害に該当します。

まずは、災害に遭う事の無いよう、心より祈っております。
ですが、もし、災害にあってしまったら、少しでもお力になれます様、全力で、ご対応させていただきたいと思っております。

 

 

コメント