休業手当?休業補償?

未分類

こんにちは。
事務の竹島です。
今回は、休業手当と休業補償についてふれてみたいと思います。

休業手当とは、会社都合で従業員が休業した場合に、使用者が当該従業員に対して支払わなければならない手当を指します。
例えば、従業員が働く意思があるにも関わらず、経営不振での休業等が手当の支給対象となります。

休業手当の対象者は、 正社員に限らず、パート・アルバイトや、日雇い雇用なども含まれます。

会社は、平均賃金の6割以上を従業員に支払わなければいけません。
休業手当は賃金なので、所得税の課税対象となります。

一方、休業補償は労災に関係する制度です。

業務中に生じた怪我や病気が原因で、やむを得ず働けなくなった従業員を補償することが目的で、休業開始4日目以降に労災保険から支払われます。
休業開始3日間(待機期間)は、労災保険の支払い対象外となるので、この間は会社が平均賃金の6割を負担することになります。(又は、有給休暇も可)
会社負担なので、休業手当と間違いやすいのですが、こちらも休業補償の扱いとなり課税対象とはなりません。

休業手当は、賃金として支払われるため、雇用保険・健康保険、所得税など、社会保険や所得税の 対象となります。
休業補償は、賃金扱いにはならないため、 社会保険料や所得税がかかりません。

休業手当と休業補償、似ていますが、こうして比べてみると違いがわかりますね。
お困りの事がございましたら、当事務所までお気軽にご相談ください。

もうすぐ春です。
大雪で大変だったせいか、とても心地が良い今日この頃です。
気持ち新たに、何かをチャレンジ、スタート、そんな春にしたいと思います。

コメント