本から思う事

未分類

こんにちは、竹島です。

四月は新年度という事もあり、何かと忙しく感じます。
どんなに忙しくても、私は、本が好きでよく持ち歩いては隙間時間に、読んでいます。

最近は、自分の知らない世界に関心があり、色々な職業の人が書いた本を読みます。
今読んでいる本はこちらです。

『ディズニーキャスト ざわざわ日記』~夢の国にも××××ご指示のとおり掃除します~
です。

今までは、ディズニーリゾートで働くキャスト(従業員)さんの素晴らしい接客対応を学びたいなとか、そういった学ために本を手に取っていました。

こちらの本は、キャスト(従業員)さんが働いている中で、思った事や体験が、赤裸々に書かれていて、共感を持てる部分もあり、よりキャスト(従業員)さんに『ありがとうございます。』と思う気持ちが強くなりました。

接客のプロといえども、人です。
感謝は言葉で伝えてこそ、伝わるものが大きいですよね。
逆に言うと、伝わらなければ、『何もなかった』という事と同じです。

このように、日常当たり前の環境、いつも優しくしてくれる人、そんな当たり前に感謝をし、いつもより『ありがとう。』を声に出して伝えたいと思う、私には、そんな本でした。

何でも進んでやってくれる人、いつも優しくしてくれる人そんな人にこそ、『ありがとう。』を大きな声で伝えていきたいと思います。

これから、社労士事務所は繁忙期に入ります。
忙しくても、ありがとうの気持ちを常に持って過ごしたいです。

コメント